バスタイムをより良いものにする為のリフォームを検討

リフォームで生まれ変わるバスルーム!様々な設備を取り入れよう

リフォームする際の注意点

リフォーム時には、まず見積もりを取る必要があります。その際には、できるだけ多くの業者で見積もりを取ることが大事です。同じリフォームであっても、業者によって価格差が激しいからです。具体的な数字を出してもらって、入念に比較検討をするよう心がけましょう。

バスルームで人気のリフォームTOP5

no.1

浴槽の交換は人気が高い

浴槽も使っているうちに劣化します。中がざらついて汚れが付着しやすくなることもあれば、ときには割れて水が漏れることもあるでしょう。浴槽の交換をすればまた快適なバスタイムが手に入るので、このタイプのリフォームは日本全国で数多く行われています。

no.2

給湯器の交換もメジャーなものの一つ

給湯器は、15年前後で交換時期を迎えます。古い給湯器を使い続けているとガス漏れや火災の事故に繋がる恐れもあります。リフォーム業者に依頼をすれば新しいものと交換をしてもらえるので、不安は解消します。

no.3

浴室暖房の設置で寒さ対策

冬場はお風呂場が寒くなります。積雪の多い地域では氷点下になることも考えられます。寒い中で急に熱いお湯に浸かると、心筋梗塞などのリスクが増大します。快適性のアップと健康面での不安解消のために、浴室暖房を設置する家庭も増えてきました。

no.4

全体をきれいにできるコーティングリフォーム

各種コーティングリフォームも、最近はよく利用されています。この方法なら浴槽や壁材の交換までは必要がなく、安くリフォームを済ませられます。工期も短く、時間をかけずに浴室を美しく生まれ変わらせることができる点が魅力的です。

no.5

ユニットを丸ごと交換するリフォームも人気

ユニットバスを丸ごと交換するリフォームもよく選ばれています。お風呂場の全部をまったく新しいものと入れ替えることができるので、工事後には新鮮な気持ちで入浴を楽しめます。細かい部分まで総入れ替えができる点が受けています。

バスタイムをより良いものにする為のリフォームを検討

婦人

インターネットを使ったリフォーム業者の探し方

リフォーム業者は、基本的にインターネットを使って探します。「お風呂」や「リフォーム」というワードで検索をすれば、すぐに代表的な業者のページにたどり着くことができるのですが、それと同時に口コミ情報も探しておくといいでしょう。失敗談の方が業者選びの参考になることもあるからです。

リフォーム業者に依頼する前に確認しておくこと

料金相場は、依頼前に確認をしておく必要があります。相場からあまりにかけ離れた料金設定になっているときには、騙されているのではないかと考えてみる必要があるからです。保証やアフターサービスについての確認も欠かせません。

リフォーム業者の嬉しいサービス

有料で、十年以上の長期保証サービスに加入させてもらえる場合があります。年間千円ほどの出費で、十年間何度でも無料で修理をしてもらえる保証サービスが実際にあるのです。こうしたサービスが利用できれば、失敗のリスクは大幅に軽減します。

リフォーム申し込みから完了までの流れ

まずはリフォーム業者に相談をする

生活の中で困ったことがあれば、まずは専門家に相談をするのが一番です。お風呂場のリフォームが必要だと思ったときにも、まずは相談から始めるのがセオリーです。場合によっては大規模リフォームが必要ないケースもあるからです。

目的を明確にしてプランを練ってもらう

リフォームが必要だということになれば、最終的な理想形を業者に伝えます。その形に近づくように、業者が具体的なプランを提示してくれます。この作業は見積もりも兼ねているので、ここで納得ができるかどうかが重要になります。

納得できれば正式に契約をする

業者の提示してくれたプランの中にいいと思えるものがあれば、正式に契約をします。契約書を交わして、必要とあらば支払いも済ませます。高いお金を払うことになるので、契約書の入念な確認は欠かせません。

スケジュールを決めて実際の工事をする

いつから工事を始めるかを決めると、そのスケジュール通りに作業は進んでいきます。簡単な工事なら数日で終了しますが、大規模な工事なら数週間かかることもあります。その際にはお風呂が使えないので、ベストなスケジュールを組むことの重要性は高いです。

工事完了後に引き渡し

工事が完了すると引き渡しとなります。その後、しばらくの間は問題が発生しないか気をつけて観察しておく必要があります。工事ミスなどがあった場合には、修正をしてもらわなければいけません。

広告募集中