コーティングリフォームでお風呂場をピカピカにしよう

お風呂場は新築時にコーティング!綺麗をキープ

風呂場コーティングの必要性

お風呂場は汚れやすい場所ですから、事前にコーティングをしておくのがベストです。新築時にコーティングを済ませておけば、その後長い間、掃除が楽になります。また、カビの発生を予防できますし、滑りにくくなるというメリットも生まれます。

風呂場コーティングを行うメリットTOP3

no.1

浴室を美しく維持しやすい

お風呂場をコーティングすると、その部分が汚れに強くなります。浴槽をコーティングすると、お湯までもが汚れにくくなります。壁や床も常に新品のような状態を維持しやすくなるので、コーティングリフォームをする価値は高いです。

no.2

簡単に掃除ができるようになる

コーティングをした部分は、掃除をするのも楽になります。そもそも汚れが付着しにくいというのも助かるのですが、防カビ加工のコーティングを施せば、カビの発生まで防ぐことができるのです。軽く洗い流せばそれで掃除が終了します。

no.3

滑りにくくなって安全性がアップする

床に滑り止めの効果を持つコーティングを施せば、浴室内での転倒事故を防ぐことができます。高齢者が浴室内で転倒をしてしまうと、命に関わることも少なくありません。安全性アップのためにも、コーティングリフォームをする人が多くなっています。

コーティングリフォームでお風呂場をピカピカにしよう

バスタブ

風呂場コーティングの申し込み方法

お風呂場のコーティングは、オンラインで申し込みをすることも可能です。ただし、申し込みをした後に業者の方に自宅に来てもらう必要はあります。浴室の様子は家ごとにそれぞれ違うので、細かい部分の確認作業と見積もり作業は必須です。

業者に依頼した場合の費用相場

コーティングだけなら、費用はそれほど高くなりません。一般的な浴室サイズなら、十万円から二十万円ほどで済ませられます。ただ、コーティング剤の種類によって、またコーティングする場所や面積によっても値段は大きく変動します。

一般的なコーティング方法

スプレーガンによるコーティング剤の吹付塗装が、一般的な方法です。刷毛やローラーで作業をするよりもムラがなく美しく仕上がるので、現状ではこの方法が最も多く使われています。ただ、場所によっては研磨をすることで美しく仕上げる場合もありますし、まったく別の手法を採用する場合もあります。

コーティング後の使い方

激しくこすってしまうと、コーティング剤が剥がれ落ちてしまう可能性があります。コーティング後は、洗うにしても柔らかいスポンジと中性洗剤を使うのがベストです。金属製のたわしなどを使うのは避けておくのが無難です。

水回りのコーティングはプロに任せる!

水回りのコーティングは、素人にはハードルの高い作業となります。ホームセンターに行けばスプレーガンもコーティング剤も手に入れることができますが、ノウハウを持たないまま作業をしても逆に浴室を汚してしまうことになるだけです。作業スピードも仕上がりの美しさもプロに敵うはずがないので、作業はプロに任せましょう。

広告募集中